シミュレーション部会

ホーム > シミュレーション部会 > RRS(Rapid Response System)委員会

RRS(Rapid Response System)委員会

RRSコース運営責任者/東京ベイ・浦安市川医療センター センター長聖マリアンナ医科大学救急医学 臨床教授/藤谷茂樹

米国医学研究所(Institute of Medicine:IOM)は1999年に「To Err Is Human : Building a Safer System(邦題訳「人は誰でも間違える―より安全な医療システムを目指して」)」を出版し、医療システムの質と安全に対して注意喚起を行いました。本書によると、米国内で医療行為による有害事象で死亡したと考えられる患者数は、年間44,000〜98,000人にのぼるとされています。
この事実に対して、米国においては医療現場で有害事象は起こりえるものという前提で対策が立てられるようになっています。特にInstitute for Healthcare Improvement(IHI)は、医療安全の実現のために2つのキャンペーンを実施しました。2005年1月から2006年6月まで展開された「100,000 Lives Campaign(10万人の命を救おうキャンペーン)」では、全米にある約5,500の病院のうち、3,000以上の病院が参加して医療安全の実現に取り組みました。引き続き、2006年12月から2008年12月まで展開された「5 Million Lives Campaign」には、3,700以上の病院が参加するに至りました。これらのキャンペーンでは、大きな成果が挙がったことが知られています。その一つがRapid Response System(RRS)の導入です。
 日本では、米国に遅れること数年の2008年5月から開始された「医療安全全国共同行動 いのちをまもるパートナーズ(日本版100Kキャンペーン)」において、行動目標の1つとしてRRSの確立と導入に関するキャンペーンが行われ、急速にその必要性が認知されました。しかしながら、Code blueとRapid Response System (RRS)のコンセプトがいまだ十分に理解されておらず、日本においても正しい概念を教育普及させる必要があると感じています。
 そこで、本委員会では、RRSトレーニングセミナーを通して、有効に機能するRRSの普及活動を行っています。当委員会の開催するRRSセミナーは、開催当初に比べ、認知度は確実に向上しており、RRSを導入したいと考える施設が増えています。今後も本研修を継続すると同時に、導入を検討している施設、ならびにその担当者をサポートさせて頂きながら、RRSの普及に貢献したいと考えています。 なお、本委員会ではRRSに関わる研究活動も行っています。

その他メンバー

大阪市立総合医療センター集中治療部/安宅一晃 The University of Texas Southwestern Medical Center Department of Surgery, Division of Emergency Medicine/児玉貴光 北里大学病院診療部救命救急センター/森安恵実 北里大学病院診療部救命救急センターRST/RRT室/小池朋孝

RRT How to Guideの翻訳

すべての著作権はInstitute for Healthcare Improvement (IHI)に帰属する。内容の変更がなく、正式に出典がIHIであることを明記していれば、個人でこの資料を商業ベースでなく教育目的でプリントしてもよい。
これらの資料は、IHIの書面による承諾なしに、商業目的、利益を目的として使用されてはならず、また出版もしてはならない。

RRSの紹介記事

copyright "メディカルトリビューン"(2012年2月9日号70ページ「日常診療のスキルアップABC 〜若手医師を中心に〜」)

copyright "メディカルトリビューン"(2012年3月8日号53ページ「日常診療のスキルアップABC 〜若手医師を中心に〜」)

copyright "シミュレーション最前線"(2012 Autumn号)

コース情報

コースプログラム(例)

コースプログラムの例の図解

テキスト

講師陣によるオリジナルテキストを使用。非売品です。
(その他参考書)
「RRS院内救急対応システム-医療安全を変える新たなチーム医療」
(児玉貴光 (監修), 藤谷茂樹 (監修))

受講費用

3,000円(資料代込み)

募集概要

対象:看護師
定員:30名
講習会の1、2ヶ月前にJSEPTICのHPに公開されます。
http://www.jseptic.com

RRS講義風景1 RRS講義風景2

情報交流

Facebook

RRSフェイスブックページURL:
http://www.facebook.com/JapanRapidResponseSystemSocietyJRRSS

ページの先頭へ